カレーの匂いがわからなくなったら読む本

嗅覚障害は認知症の初期段階かもしれない?

カレーライス、好きな人も多いでしょう。
おいしそうな匂いを嗅いだだけで、食べたくなる人もいるのではないでしょうか。
そんなカレーの匂いが、嗅覚障害か否かのバロメーターになるのです。

カレーの匂いがわかるかどうか、そんなことは考えたことがないかもしれません。
嗅覚は視覚や聴覚と違い、普段はそれほど意識していないのが普通だからです。
ところが、嗅覚障害には思わぬ病気が隠れていたり、認知症の初期段階であったりする可能性もあるのです。

本書では、嗅覚障害が引き起こすさまざまなトラブルや、その危険性などを紹介。
その上で嗅覚のトレーニング方法や、病院での治療について解説しています。
視覚や聴覚に比べると意識しにくい嗅覚。
匂いに敏感になれるように、本書を読んでトレーニングをしてみましょう!

 

内容紹介

日本人は60歳から嗅覚の衰えが始まるが、そのことに気づく人はほとんどいない。
カレーの匂いは嗅覚低下のバロメーターとなる!

「カレーの匂いぐらいわかるよ! 」
「カレーに鼻を近づければ匂いがわかると思うけど」
「カレーの匂いもわからないかもしれない」

さて、あなたはどれにあてはまりますか?

「カレーの匂いぐらいわかるよ! 」と思っている方、本当ですか?

日本人は60歳になると嗅覚が衰えていくことがわかりました。

しかし、嗅覚の衰えに気づいている人はほとんどいません。
視覚や聴覚と違って、嗅覚の低下に気づくことは簡単ではないからです。

「カレーに鼻を近づければ匂いがわかると思うけど」
「カレーの匂いもわからないかもしれない」という方、嗅覚低下には、様々な病気が隠れていることもあり、食中毒や火災など命の危険に遭う恐れもあります。
その一方で、嗅覚細胞は死滅しても回復することができる、稀な神経細胞であるということもわかってきたのです。

本書では、嗅覚セルフチェックのやり方とともに、嗅ぐ力を回復させる嗅覚トレーニングを紹介しています。
嗅覚低下の心配がある人も、そうでない人も、今すぐできる嗅覚トレーニングで嗅覚アップ、脳を活性化させることをおすすめします。

Contents

Part1
嗅ぐ力は60歳から衰える

Part2
嗅ぐ力と認知症

Part3
嗅ぐ力のトレーニング

Part4
嗅覚外来では何をするの?

Part5
嗅覚と味覚の深い関係

 

定価:1.300円+税
ISBN:978-4-07-435376-7