最新ひと目でわかる 腎臓病の人のための食品成分表

食事療法 は難しい? いいえ、大丈夫!

 

>> この本の紹介はコチラ

 

腎臓病の食事療法はこの2冊で解決!

腎臓病は、初期は自覚症状を伴わず、気づいたときには悪化している、ということが多い病気です。
腎臓病になってしまった場合、病気を進行させないためには、食事療法は欠かせません。

ここで紹介する2冊は、その食事療法を行うにあたって、ぴったりの書籍です。

食事療法の基本は「食塩の制限」と「タンパク質の適切な制限」「適切なエネルギーの摂取」の3点。
さらに病態に合わせてカリウムやリンの制限も行います。

実際には、料理経験が豊富な人にとっても食事療法のレシピは難しいものですが、この『いちばんやさしい腎臓病の人のためのおいしい食事』では、低タンパク質料理のコツや薄味の料理に慣れるコツ、カリウムの減らし方なども紹介しています。

また『最新ひと目でわかる腎臓病の人のための食品成分表』では、毎日使う食材を写真で紹介。
腎臓病患者のために必要な栄養計算ができるよう、食材に含まれるエネルギー、タンパク質、食塩相当量、リン、カリウム、水分量を掲載しています。
さらに、「タンパク質5gの食材目安量」も掲載してあり、1日のタンパク質制限に合わせてメニュー作りをすることができます。

なかなか気づきにくい腎臓病。腎臓病と診断されたら、この2冊が食事療法の手助けになってくれます。

 

最新ひと目でわかる 腎臓病の人のための食品成分表
内容紹介

毎日使う食材をすべて写真で紹介。
含まれるタンパク質、エネルギー、食塩相当量、カリウム、リンの量がわかる腎臓病の人の必携書

腎臓病の食事療法に欠かすことができない栄養計算ですが、本書があれば、日常使いの食材、その栄養価が一目瞭然。

低タンパク質でエネルギー量を確保しなければならない腎臓病の人のための食品成分表。

肉、魚、野菜、穀類、パン、麺、果物。
私たちがふだん口にする食材のカロリー、タンパク質、食塩相当量、リン、カリウム、水分量を、写真とともに紹介。

さらに、「タンパク質5グラムの食材めやす量」を掲載してあるので、一日のタンパク質制限にあわせてメニュー作りをすることができます。

食材だけでなく、定番料理のカロリー、タンパク質の量も掲載。

腎臓病と診断されたら、すぐに必要になる食事療法。
いつも手元にあると安心、腎臓病の人、必携の食品成分表。

 

定価:1,400円+税
ISBN:978-4-07-434313-3